前は入院を勧めていたのに、今は入院しなくても大丈夫なのは何で?

数年前までは手術を行った方は入院するのが当たり前でした。
当時の技術では固定の仕方が今と違った為に3〜4日は出歩くのが難しかったからです。

そのあと固定の方法等、色々と改良が加えられ手術後から比較的自由に歩き回る事が出来るようになりました。
そうなると3日も4日もベッドの上でじっとして居るのが苦になる人も出てきます。
なので即日に帰宅して定期的に通院する形の方が精神的にも楽になる人も居るため、全ての人に入院をすすめる事はなくなりました。

医療機関によっては遠方から来る患者に対して、近くのホテルを紹介し、手術後約1週間程度はそこから通うようにしてくれる所もあります

このようにわきが腋窩多汗症の手術は今は昔に比べて入院・通院期間がとても短くなっているので、忙しい方でも手術を受けやすくなっています。


スポンサードリンク

「わきが」の誤解と簡単チェック法

「液窩多汗症」とは?

目的に合った治療法を選ぶ

わきが臭が「軽い」人の治療法

わきが臭が「強い」人の治療法

液窩多汗症の治療法

Q&A

相互リンク

スポンサードリンク

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 わきが大事典. All rights reserved