手術後にシワや色素沈着が残るって聞いたけど?

わきがの臭いや腋窩多汗症(えきかたかんしょう)を確実に治すためには皮膚を出来る限り薄く削る必要があります。
そして、皮膚を薄く削れば削る程、治療効果が高まる反面、様々なリスクが起こりやすくなります。
手術後のシワや色素沈着がその代表的な例です。

しかし、シワや色素沈着は皮下組織はしっかり削り取った証拠とも言えます。
確実な治療にはどうしても避けられないでしょう。

ですが、術後にこまめにケアをしたりシワを伸ばす体操などを続けていれば、皮膚が柔らかくなりシワは少しずつ治っていきます。
同時に色素沈着も徐々に落ち着いてきますが、軟膏などによりケアを怠るとシワや色素沈着はそのままずっと残ってしまう事もあるので注意が必要です。

ここで最も注意したいのがケロイド体質の方です
ケロイド体質の方はよほど努力しないと、シワや色素沈着が残ってしまいます。
これは体質の問題なので仕方ありませんが、少しでも良い状態にするために、手術後のケアは怠らないようにしましょう


スポンサードリンク

「わきが」の誤解と簡単チェック法

「液窩多汗症」とは?

目的に合った治療法を選ぶ

わきが臭が「軽い」人の治療法

わきが臭が「強い」人の治療法

液窩多汗症の治療法

Q&A

相互リンク

スポンサードリンク

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 わきが大事典. All rights reserved